So-net無料ブログ作成

日本人の残業とゴミ拾いの関連性、逃げられない日本人。W杯で示されてしまった民度 [スポーツ]

スポンサーリンク by Google




コートジボワール戦でのゴミ拾い


日本人サポーターが日本が試合で負けたにも関わらず、サッカーの試合後にゴミ拾いをして会場を清掃をしていた事が話題になった。

確かに日本では、事ある毎に「ゴミ拾い」などをしてイベント会場などを清掃する習慣がある。

日本人なら知っているとは思うが、実際に清掃活動をしているのは一部の人間だけだ。

大部分のサポーターは試合後に普通に帰ってしまったし、おそらくゴミをそのまま放置していった日本人もいるはずだ。

しかし、その中でも無視できない数の日本人サポーターがボランティアで清掃活動をした。

おそらくだが・・・

これからの日本戦では、「ゴミ拾いをする日本人サポーターが増える」はずだ。

これだけ各国の新聞に取り上げられてしまえば、現地でも知る人は多いだろう。

と慣れば、おそらく「日本人サポーターは今日もゴミ拾いするのだろうか?」と、
期待して見てくる他の国のサポーターや報道陣が増えるはずだ。

さらには、日本人サポーター自身も「次は自分も参加しよう」と考えて自発的に参加してしまう人も増えるだろう。

何も知らなかった人も周りがゴミを拾っているのを見て、
「自分の拾ったほうが良いのかもしれない」と考えて参加するだろう。

こうして、日本人の仕事が増えていく。

スポンサーリンク by Google




皆が働いているから帰れない


この報道に対する非難として、「会場の清掃員の仕事を奪うな」と言う話がある。

これに関しては、
限られた時間で清掃しなければいけないのだから、ある程度最初から綺麗になっていた方が、
清掃の効率が上がる上に、会場の管理費用負担の軽減にもなる。

そもそも、観客席に限定しなければ、
清掃員が他に綺麗にするべきところはいくらでもある。

会場の人間全員が観客席のゴミ拾いをした所で、清掃員の仕事は無くならないはずだ。


とは言え、日本人サポーターの「残業」が増えてしまった事は間違いない。

ゴミ拾いをするのは奨励されるべき事だし、これを機に他の国のサポーターやサポーターのマナーとしてゴミ拾いが定常化してくれれば問題はない。

しかし、断言できるがそうはなら無い。

一部の先進国ならともかく、サッカーは多くの後進国が参加するスポーツで、
生活するのと応援するので手一杯になっている人間が「会場の衛生環境に」気を配れるとは思えない。

自分以外の何かに気を配れるのは、ある程度自分の周りに対して余裕がある人間だけであることが殆どだ。

そして、幸い日本というのは豊かな国だ。

仕事で残業をしなくても十分な給料が出る場合が殆どで、残業の義務はない。
もちろん、会場のゴミ拾いをしなくても避難されることも無い。

だが、日本人は残業するし、ゴミを拾う。

なぜなら他の皆が働いているからで、他の皆がゴミを拾って綺麗にしているからだ。

別に働く事が悪いわけでもなく、ゴミ拾いが悪いわけでも無い。

だからこそ、日本人は働いてしまう。


早めに仕事を終わらせることや、
他人が捨てたゴミを放っておくこともまた悪いとは言い切れない。

だが、人が働いているのに、自分が働かない事を悪いことだと思ってしまうのが日本人の民度だろう。

何故働いているのかを少し見なおしてみて欲しいものだが、

今日も日本人はどこかで人より多く働いているに違いない。

japan1.jpg

スポンサーリンク by Google






【おすすめ記事リンク】


イスラム原理主義武装組織ISILとは?アル・カイダも持て余す過激組織

ボウ・バーグダル軍曹の脱走疑惑!親に送られたメールに隠された心

神の手を持つ赤ひげ先生、服部匡志

実は損?お薬手帳持参の罠・・・医薬分業と調剤バブルからの診療..

だいち2号、軍事衛星としても高い性能を誇る

キューバ人選手のセペダとグリエル、年俸一億円の価値とは?





nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

NO NAME

自発的に拾うのはいいことだと思う

しかし、ある日それが一線を越えるのだ

「みんな拾ってるのにあの人たち(ポイ捨てはしてない)は帰るなんてちょっとね・・・」

これこそ日本の諸悪の根源である

おもてなし、気遣い、心遣い 
すばらしいことだ、好きにすればよい
だが、自分が”好き”でやっていることを忘れるな
by NO NAME (2015-10-13 20:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。