So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10のOnedriveに大幅機能変更?なぜこんな改悪ななされたのか? [ニュース]

Windows8.1で人気のあったスマートファイル機能。これは、ファイルをダウンロードしなくてもエクスプローラー上からOnedriveのファイルを確認できるという優れものだった。にも関わらず、Windows10からこの機能が取り除かれ、Windows7などと同じ仕様になっている。

これは明らかな改悪だとあちこちで批判されているが、何故こんな変更がなされたのだろうか?

実は大規模な変更が予定されていた


スポンサーリンク by Google





というのも、スマートファイルと言うのは確かに優れた機能で人気もあった。これを削ると言うのは大きな決断だ。
実は、Windows10で削られてしまったのはこの機能が優れていたからこその理由があった。

スマートファイルの機能はWindows8のみの仕様だったが、Windows7でも使いたいという声は多かった。
さらに、Windows8.1のスマートファイルでは小さなバグがあちこちで散見されていて、完璧なシステムとして運用するにはかなりの労力が必要なことがわかった。

そこで考えられたのは、Windows7,8,10で横断的に運用できる新しいOnedriveSyncの開発だった。
今のWindows7や10で使われているOnedriveSyncの方がWindows8で運用されているものよりも安定している。であれば、そちらの仕様を拡張する形でスマートファイルを運用しようということだ。

そもそもWindow8の方式はかなり独特なものだったらしく、他のWindowsシリーズやOnedriveBusinessなどに応用できないということで、すべてのプラットフォームで使えるような機能にしたかったらしい。

既に開発は始まっていて、近いうちにリリースされルトのこと。実際の形がどうなるかは分からないが、OnedriveSyncのシステムに対する大幅なアップデートが予定されていたからこそ、Windows8の方式を発展させる事は諦めたということだろう。


Onedriveのスマートファイルは戻ってくるのか?


結論からいうと、スマートファイルに類似する機能はいずれ復活するということになる。

完全に同じ機能ではないだろうが、Windows7や10からでもブラウザを使わずにエクスプローラー上でファイルを確認でき、必要なファイル毎に同期するかしないかを確認するぐらいは出来ると願いたい。

私もスマートファイル機能はSurfaceで重宝しているので、是非復活して欲しいものである。


スポンサーリンク by Google








【おすすめ記事リンク】

ダイキンがリコール!対象機種の簡単な見分け方を紹介。エアコンと清浄機が発火する?

水蒸気爆発とは?御嶽山噴火は予測できなかったのか?

エボラ出血熱の恐怖、ウイルスの感染ルートや症状の原因、対策など

ヘイトスピーチの目的とは?面談の要点は何だったのか?橋本徹氏と在特会桜井誠氏の口喧嘩

宝石サンゴとは?小笠原諸島沖で綺麗な赤いジュエリーを密猟する中国船舶

PL学園の野球部が廃部寸前?PL教団が監督に信仰心を要求





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。