So-net無料ブログ作成

ダイキンリコール問題!不具合の原因は?修理しなくても大丈夫?モーターの発火? [ニュース]

先日、ダイキンのエアコンや空気清浄機のファンモーター部分に不具合があり、無償修理の対象となった。

対象機種の見分け方などは、以下の記事を参照してもらうとして、
ダイキンがリコール!対象機種の簡単な見分け方を紹介

本記事では、リコール問題の不具合と危険性についてご説明したい。

発生確率は非常に低い


スポンサーリンク by Google





対象機種は84万台と膨大だが、事故件数は15件。
発生確率は実に0.002%程度となる。

非常に確率は低いものの、発火の危険性や火災に繋がる危険性があるためメーカーが無償修理に乗り出した。

この15件において、いずれも人が火傷するなどの事故には繋がっておらず、モーターの発火後にもそこまで大きな火災に繋がるような不具合だとは言い難い。

おそらく、人が近くにいる状態であれば、煙の匂いに気づいて事故を未然に防げる可能性は高い。
しかし、エアコンや空気清浄機は長時間動き続け、人がいない状況でも使われる可能性があるものだ。

修理内容も短時間で終わる内容であるため、修理してもらえるなら修理してもらうほうが良い。

事故原因と修理の内容


修理してもらうのは良いのだが、機能が落ちるなどの問題は無いのだろうか?
もしくは、自分で修理したりは出来ないのだろうか?

まず、事故原因と修理方法を説明する。

事故の原因は、
ファンモーター内部のチップコンデンサのショートよってモーターに過剰な電流が流れる事による加熱。

修理内容は、
モーターに過剰な電流が流れないようにするためのヒューズの追加。

チップコンデンサそのものの不具合だが、チップにくっついているコンデンサなのでそれ自体を取り替える事が難しい。
そのため、モーターとのヒューズを取り付けることで発火を防ごうという試みだ。

ショートと言うのは、電子機器にもよるがある程度は発生する可能性があるもの。
かと言って、ショートが必ずしも不具合に繋がるとは限らない。

自力でヒューズを取り付ける事も不可能ではないが、機器によっては特殊な技能が必要になるだろう。

ちなみに、ヒューズは過大電流が流れた時にだけ働くものなので、それを付けたことでエアコンの効きが悪くなったりすることは無い。安心して修理してもらおう。

ダイキン:ルームエアコンならびに家庭用空気清浄機ご愛用のお客様へのお詫びと
無償点検・修理のお知らせ
http://www.daikin.co.jp/taisetsu/2014/141017/index.html

【関連記事】

ダイキンがリコール!対象機種の簡単な見分け方を紹介


スポンサーリンク by Google








【おすすめ記事リンク】

水蒸気爆発とは?御嶽山噴火は予測できなかったのか?

エボラ出血熱の恐怖、ウイルスの感染ルートや症状の原因、対策など

神の手を持つ赤ひげ先生、服部匡志

若原弘之、蝶採集にラオスで30年。養老孟司も感心。世界各地を巡って辿り着いた場所

佐世保女子高生殺人事件の犯人の父親が自殺!娘の凶行と父親の関連性は分からず仕舞い

PL学園の野球部が廃部寸前?PL教団が監督に信仰心を要求





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。